ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

オンラインで情報を発信したいと思ったら、サーバを借りたり、クラウドに立てる必要があります。またはどこかのネットサービスを使う手もありますが、そのデータはネットサービスが終了する際に消失してしまったりします。

そうした面倒さやリスクを避けて使えるテキストスニペットサービスがHardbinです。

Hardbinの使い方

メイン画面です。

日本語も使えます。

書き終わったら発信します。独自のアドレスが割り当てられます。このコンテンツはP2Pの中に漂います。

ビットコインと紐付けることもできるようです。払わないと読めないコンテンツなどに使えそうです。

HardbinはIPFSというP2Pを使ったファイルシステムを利用しています。その中に自分のサーバを追加することもできますし、単に利用するだけというのも可能です。ユニークなアドレスが発行されれば、後はP2Pの世界にコンテンツが配信されていく仕組みです。サーバを落としても消えることのない、恒久的に残り続けるコンテンツになっていくことでしょう。

HardbinはHTML5/JavaScript製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

Hardbin

jes/hardbin: Encrypted pastebin using IPFS

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2