ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

通常、ノートPCやラップトップは画面を閉じるとスリープになります。これは当然なのですが、場合によっては都合が悪いです。例えば会社ですでに外付けキーボードとマウスやディスプレイがアリ、ノートPCは閉じて置いたまま使うケースです。

そうしたクラムシェルモードでmacOSを使いたい場合はNoSleepを使いましょう。

NoSleepの使い方

NoSleepをインストールします。

アンインストール時には専用のスクリプトも用意されています。

$ /Volumes/NoSleep\ Extension/Uninstall.command 
Uninstalling 1.3.x
Password:
Removing NoSleep.app...
Unloading kernel extension...
Removing kernel extension...
Removing preferences plug-in...
Done
Uninstalling NoSleepCtrl
Done

カーネル拡張も使われているので、簡単にクラムシェルモードにできるものではないようです。実現したいならばNoSleepを使うのが一番良さそうです。もちろん、NoSleepを使うと普段出歩いている時にもスリープしなくなってしまうので注意が必要です。

NoSleepはmacOS用のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

integralpro/nosleep: The MacOS X kernel extension, preventing sleep when you close the lid.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2