ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Inkscape

  • 2005/01/27

Inkscape

SVG普及のために

Inkscape ロゴ

今後、更に発展すると思われる技術の一つがSVGだ。座標系によるデータ保存のため、幾らでも拡大・縮尺でき、画質が落ちる事がない。プラグイン形式ではあるが、ブラウザから閲覧も出来る。

ドロー系の業界ではIllustratorが有名だが、SVGを扱う事が出来る。ドロー系の共通フォーマットになる可能性を秘めている。SVG自体はXMLで構成されているテキストフォーマットの文書だ。普及すればシステムから動的に出力する、なんてのは楽々行う事が出来る。

本日紹介するオープンソース・ソフトウェアはInkscape、オープンソースのSVGエディタだ。先ほどもいった通り、これがあればIllustratorと連携が取れるのだ。

Windowsであればインストーラ形式でインストール可能だ。読み込めるファイル形式は多種用意されている。ai、eps、bmp、jpeg、png、tiff、postscript等など。PNG形式での出力も可能だ。

安定性という面で見ると、まだまだと言う感がぬぐえない。Illustratorを業務で利用している人がまるまる入れ替えるのはまず無理だろう。しかし、時々ファイルを閲覧する程度であれば利用できそうだ。

高価なソフトウェアは十分活用してこそ意味がある。活用するなら購入すべきだ。しかし、活用しきれないと感じれば、オープンソースの利用を検討しても良いだろう。ソフトウェアはステータスではなく、道具なのだから。

http://www.inkscape.org/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2