ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Scarab

  • 2005/06/23

バグ管理の次

プロジェクト全体のタスク管理を行うソフトウェアです。

バグ管理の次

Scarab ロゴ

この間読んだ日経ビジネスはソフトウェアの品質に関する特集が組まれていた。ニーズが多様化、複雑化するに伴ってハードからソフトに解決を求めるケースが増えている。更にそのソフトの品質に問題があると言う事だ。

しかしコンピュータは万能ではない。それを作っている人が万能ではないのだから当然だろう。その上で開発されるソフトウェアは、問題があって当たり前なのだ。重要なのはそれらとどう向き合い、対応していくかだ。そしてそれらはテストと言う面だけに限った訳ではない。

本日紹介するオープンソース・ソフトウェアはScarab、タスク管理システムだ。簡単に言えばバグトラッキングシステムを一般化し、技術面だけでなくプロジェクト全体に対して適用できるようしたものだ。

Scarabの特徴としては、複数のプロジェクト管理、各ユーザはプロジェクト毎によって権限を変更可能、タスクの検索とその条件の保存などがある。XMLでのインポート、エクスポート機能によって、Bugzilla等からの移行も行うことができる。

また、他のオープンソース・ソフトウェアによって支えられている点も見逃せない。Turbine、Velocity、Torque等だ。Jakarta Projectで生み出された各ソフトウェアが盛り込まれている。

確かにバグ管理だけでは技術サイドに依っており、他の部門を巻き込みづらい(彼らにとってはバグが直るのが要望であり、その管理手法は興味がない場合が多い)。プロジェクト全体の統括であれば全社的に取り組むこともできるのではないだろうか。

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2