ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Launch4j

  • 2005/11/06

Launch4j サムネイル

もっと使いやすく

JavaのJarファイルをラッピングしてExeファイルを生成します。

もっと使いやすく

Launch4j スクリーンショット

Java製アプリケーションとWindowsアプリケーションの違い、それはダブルクリックで起動するかどうかが大きい。関連付けを変更すれば良いが、初心者には難しい。同じ機能を提供するアプリケーションならば、.jarよりも.exeの方が使いやすく思えてしまう。

ダブルクリックすれば良いだけ、という仕組みはやはり偉大だ。とても使いやすく思える。ユーザにストレスを与えない仕組みがなければ浸透しづらいのは確かだ。

本日紹介するオープンソース・ソフトウェアはLaunch4j、JarファイルをWindowsネイティブのExeファイルへラッピングしてくれるソフトウェアだ。

Launch4jの便利な所は、ラッピングによるファイル形式の変更だけではない。起動時にスプラッシュ・スクリーンを表示したり、Exeファイルにアイコンを付ける事もできる。更にJREがない場合やバージョンが低い時にダウンロードを促す事も出来る。

出来上がったExeファイルからJarファイルを抽出すると言った機能はない。また、これは初めて知ったのだが、カスタムプロセス名の設定をすれば、プロセス名をExeファイル名にできるようだ。

ある程度PCに慣れていれば開発言語によらず利用する事が出来るだろうが、大半はそうではない。開発したアプリケーションの利用者がどの層にいるのか分かっていれば、この手のソフトウェアを使う意義は大きい。

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2