ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

WWWC サムネイル

効率的なチェック

クライアント型のWeb更新チェッカーです。

効率的なチェック

WWWC スクリーンショット

最近はブログサイトでなくともRSS配信を行うサイトが増えてきた。ブラウザでいちいちサイトをチェックする事なく更新状況が分かるので便利だ。逆にRSSを配信していないサイトのチェック頻度はかなり下がっている。

サイトの更新チェックは意外と面倒だ。日付で一覧表示してくれていれば良いが、ちょっとした修正だとどこが更新されたのか探す必要がある。その辺りは自動化する方が楽で良い。いわゆるアンテナと呼ばれる仕組みだ。

本日紹介するフリーソフトウェアはWWWC、古参のWebページ更新チェッカーだ。WWWCはソースが公開されているが、ライセンス情報が分からなかったので、こちらにて紹介したい。

個人的な使い方は、RSS配信を行っていないサイトを含めて、ソフトウェア更新のチェックに利用している。かなり膨大なリストも素早くチェックしてくれる。

ヘッダーレベルのチェックだけでなく、MD5でのチェックも可能だ。最近は動的なサイトが増えてきたので、MD5チェックのほうが正確な場合が多い。

全てのサイトがRSS対応になるかと言われればそれはないだろう。また、必要な情報は随時増え続ける。素早く、効率的にチェックできる仕組みを作る必要がある。

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2