ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Pure JavaScript Wiki Like Formatter サムネイル

JavaScriptのWikiフォーマッター

JavaScriptを使ってWiki記法をHTML表示にできます。

JavaScriptのWikiフォーマッター

Pure JavaScript Wiki Like Formatter スクリーンショット

本日のフリーソフトウェア紹介では、オープンソース紹介に負けじとWiki関連ソフトウェアの紹介だ。こちらもまた、参考していただきたいソフトウェアだ。

Wikiに慣れると、いちいち手でHTMLを書いていられないと言う場面は多くなると思う。むしろWiki記法を他のアプリケーションでも取り入れたいという場面だ。そんな時はこちらを利用してみるのはどうだろう。

本日紹介するフリーソフトウェアはPure JavaScript Wiki Like Formatter、JavaScriptで実装されたWikiフォーマッターだ。

Pure JavaScript Wiki Like FormatterはJavaScriptでテキストエリアに書かれたWiki記法をHTML表示にしてくれる。これを使えば他のアプリケーションにてWikiフォーマットで保存し、表示はHTMLにするような使い方が生まれる。

変換をJavaScriptで出来るのが売りだ。これであればレビューの度にサーバへのアクセスが発生せず、負荷の軽減やレスポンスの向上が臨める。まさに一石二鳥的な利用が出来る訳だ。

Wiki記法の便利な所は、HTMLタグを覚える事無く通常の文書に近い形で記述できる点にある。プラグインのように色々な場面で役立ちそうだ。

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2