ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Netjaxer サムネイル

デスクトップへの侵入

デスクトップとWebアプリケーションの大きな境。それはブラウザを通してのアクセスにある。Netjaxerはそんな壁をやすやすと通り抜けてしまう方法を知っている。

デスクトップへの侵入

Netjaxer スクリーンショット

Webブラウザを使ったサービスが熱い。様々なサービスが(しかも大抵無料で)展開されている。最近は画像編集までWeb上で行ってしまう。各種オフィススィートもWeb上で実現されつつあり、この先の展開が非常に興味深い。

と言いつつもWebサービスの限界はある。ブラウザを立ち上げ、URLをクリックする…この手間が億劫に感じさせてしまう。アプリケーションに統合されている感がないのだ。いや、むしろ逆だ。Webサービスがアプリケーションになれば問題は解決するではないか。

本日紹介するフリーウェアはNetjaxer、Webアプリケーションをローカルアプリケーションのようにしてしまうソフトウェアだ。

試してみると一目瞭然だ。URLを指定し、それのショートカットをどこに作成するか設定する。スタートメニュー、デスクトップ、クイック起動、そしてスタートアップが指定可能だ。更にトレイアイコンにしまうかどうか設定できる。

Netjaxer自体、閉じるとトレイアイコンに常駐する。そして各種Webサービスがアイコンとして登録された状態になる。どのようなWebサービスでも登録できるので、お気に入りのWebサービスを登録しておけば、いつでも簡単に呼び出せる。

ブラウザ(利用はしているが)と言う殻を突き破った感じのNetjaxer、更にWebがデスクトップの領域に入り込んだ。

Netjaxer レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2