ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

プレゼンテーションを行っている時など、ここだけ見てもらいたいと思う事がある。そのためにレーザーポインターを使っている人も多いが、個人的にはちらつく感じがあまり好きではない。

そこで、見なくても良い部分は見せなくしてしまおう。

今回紹介するフリーウェアはClutter Cloak、指定したオブジェクト以外をブラックアウトさせるソフトウェアだ。

使い方は簡単で、起動したら残したいオブジェクトの上で、Ctrl+F11を押せば良い。それ以外の部分は暗くなる(どれ位暗くするかは指定可能)。元に戻すときも、Ctrl+F11を押すだけだ。

 

範囲を指定する訳ではないので、希望した場所が暗くなるかは分からない。だが、アクティブウィンドウだけを残したり、ブラウザ内の動画だけを残すといった使い方はできる。

色々な情報が一つの画面内に展開されていると、必要な情報以外にも目を奪われてしまう。情報を絞り込む事で効果的な演出ができそうだ。

ちなみに現状ではまだ動作に不備があり、クローキングしたフォームがプロセス上に残り続けるようだ(Clutter Cloakを終了すれば全て閉じる)。その点ご注意いただきたい。

 


Clutter Cloak « Teleskiving’s Place
 http://teleskiving.wordpress.com/clutter-cloak/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2