ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

夢が広がるアプリケーション。

現状、Web向けのプログラム言語とGUI向けのプログラム言語は分かれている事が多い。各言語とも、そうした垣根を越える仕組みを用意しているが、実用レベルになっているものは数少ない。しかし、Webとローカルの境目があいまいになりつつある昨今、この流れは加速していくことだろう。

Mac OSX向けのアプリケーションを作る際に、この言語を利用すると言う選択肢はどうだろう。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはRubyCocoa、Rubyを使ってCocoaアプリケーションが作れるようになるフレームワークだ。

RubyCocoaはObject-CとRubyの橋渡しをしてくれるソフトウェアで、CocoaベースのアプリケーションをRubyを使って書けるようになる。双方のソースが混在するアプリケーションを作ることもできる。

GUIアプリケーションの開発が可能になると、CUIベースとともにアプリケーションを提供することも考えられる。何より新しい言語を習得する事無く開発できるのがメリットだ。

既に様々なサンプルアプリケーションが存在している。グラフィックスを多用したもの、環境変数的な利用者情報を取得できる等、実用的な機能も数多い。

Leopardへの搭載が予定されているとの情報もある。今後、さらに発展していくことが期待できるソフトウェアだ。

RubyCocoa: Welcome

http://rubycocoa.sourceforge.net/HomePage

SourceForge.net: RubyCocoa

http://sourceforge.net/projects/rubycocoa/

以下はサンプルアプリケーションのスクリーンショット。

ミニブラウザ。レンダリングエンジンはApple WebKitと思われる。

メーラーのような動作ができるアプリケーション。メールが受信できたりする訳ではないので注意

いわゆるスティッキーズ。付箋紙ソフトウェア。

弾を撃ったり、移動したりできるゲーム風なサンプル。

ブロック崩し風なボールを跳ね返すゲーム。

工数を入力するアプリケーション風サンプル。

Ruby式を評価したり、出力するサンプル。

Mac OSXらしいグラフィカル機能をつかったサンプル。

Spotlightをつかったサンプル。ソースコードを検索している。

Widget風な動作をするサンプル。

入力した文字を表示するサンプル。

各オブジェクトをレンダリングするサンプル。

さらに複雑なレンダリングを行うサンプル。

背景色、透明度を変更するサンプル。

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2