ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

MOONGIFTで紹介する画像は全て影付のサムネイル画像+クリック時の元のサイズ表示になっている。これはWindows Live Writerの機能をそのまま使っているが、ブログを書く度にMac OSX上のParallels Desktopを立ち上げるのは面倒に感じている。

写真だけが乗り換えられない原因ではないが、一つの課題ではある。画像を手軽に加工する術を探している中で出会ったのがこのソフトウェアだ。

今回紹介するフリーウェアはThumbscrew、ドラッグアンドロップでまとめて画像を加工するソフトウェアだ。

Thumbscrewはその名の通り、サムネイルを生成するソフトウェアで、複数の画像やフォルダをドロップすると一気に加工してくれる。ドロップシャドウの他に、ランダムな傾け、ボーダー、最大サイズ指定ができる。

保存先は指定した場所またはオリジナルファイルと同じ場所が選択できる。保存フォーマットはPNG/JPEG/GIF/TIFFから選択可能だ。また、縮小だけの機能もある。

同じ処理をする際にはそれ専用のソフトウェアを使うのが最も手軽だ。特にランダムな傾き処理は写真サイトを作る際にも使えそうで良い。画像処理の問題を乗り越え、MOONGIFTがMac OSXだけで更新できる日も近そうだ。

Urbanape : software

http://www.urbanape.com/software

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2