ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

※ 画像は公式サイトデモより。

テキストエリアをHTMLオーサリングツール風にするソフトウェアは各種存在する。有名なものとしてはFCKEditorやSPAW Editor、Xinhaなどがある。

ピクチャ 6 Thumbnail-16

この手のソフトウェアの難点として、HTML構造は汚い事が多かった。XHTML Validなサイトを作っている場合はこれを使ってみる事をお勧めする。

今回紹介するフリーウェアはWhizzywig、Webベースのリッチテキストエディタだ。

Whizzywigは各種文字装飾をボタンを押すだけで簡単にできる。画像挿入(アップロードには未対応)、テーブル組もできる。日本語はまだだが、多言語対応も想定されている。

ピクチャ 7 Thumbnail-15

そして最大の特徴とも言えるのがXHTML Validなソースを作成できる点だろう。イメージタグも<img 〜 />のようになる。また、独自のCSSを認識させる事もできるので、見栄えと照らし合わせながら作る事ができるのも便利な機能だ。

Microsoft Officeの各種ファイルからのドラッグアンドドロップにも対応している等、機能は十分に備わっている。他のWYSIWYGなエディタと比較、検討されたい。

Whizzywig

 http://www.unverse.net/whizzywig-cross-browser-html-editor.html

ピクチャ 8 Thumbnail-10

ピクチャ 9 Thumbnail-13

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2