ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

キャプチャというと、キーボードショートカットで撮影するか、範囲指定するマウスポインタになって選択すると撮影するというのが多い。これはそういうものだと思っていた。

ピクチャ 2

が、新しいタイプのキャプチャソフトウェアが登場した。試すと分かるが、雰囲気で言うと「空間を切り取る」感じだ。

今回紹介するフリーウェアはCapture Me、新感覚のキャプチャ・レコーディングソフトウェアだ。

Capture Meを起動するとウィンドウが表示される。半透明でサイズが自由に変更できる。実はこれがキャプチャ範囲だ。そしてウィンドウをクリックすると、その後ろに見える画面がキャプチャされ、Capture Meのウィンドウに表示される。

ピクチャ 3-45

イメージとしては、突然Capture Meのウィンドウが透明になってしまった感じだ。そしてCapture Meのウィンドウを動かすと、もちろんキャプチャした内容も動く。言葉では説明しづらいが、一度試せば納得してもらえるだろう。

ピクチャ 4-38

キャプチャの他に、レコーディングにも対応している。指定時間のレコーディングで、こちらもまたCapture Meのウィンドウの範囲について撮影が行われる。

即座にファイルを保存したり、PNG/JPEG/TIFF/GIF等から保存形式が選択できる等、必要な機能は揃っている。これまでにないキャプチャをお楽しみあれ。

Capture Me - Screen Capture Software for Mac OS X

 http://chimoosoft.com/products/captureme/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2