ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

この発想はなかった。

シューティングと言えば、自機からミサイルを発射して敵を倒していくゲームだ。それはファミコン時代から変わっていない。スクロールの難しさやパワーアップアイテム、グラフィックス性能が向上しても基本はそれだ。


entrance47.png

スタート画面

 

だがこれは違う。何が違うかと言えば、ミサイルを発射しないのだ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはVacuum Magic、敵を吸い込むのが基本のシューティングゲームだ。

Vacuum Magicでの自機は、人のような感じの物だ。そして常に吸い込むための装置(?)を動作させている。敵が近づいてきたら、その吸い込み口を近づければ、吸い込むことができる。同時に吸い込めるのは一つだけなので、連続してきた場合は注意が必要だ。


entrance49.png

ゲーム中の画面

 

そして吸い込んでいる途中でスペースキーを押すと、その敵機を吐き出すことができる。つまり敵機をミサイル代わりにするのだ。ものによって真っすぐ進んでいくだけのものや、途中で敵として復活してしまうものもある。

当たれば敵を巻き添えに爆発してくれるが、当たらなければ再度敵になる可能性もある。また、周囲を常に飛び回っている隕石のようなものも捉えて吐き出すことができる。これもミサイル代わりに利用可能だ。

バリアになる隕石や、完全に吸い込むと爆発してしまう隕石(その代わり相手に当てればダメージ大(?))など良く考えられている。また、吸い込んでいない時にスペースキーを押すと反転する機能になっており、吐き出すタイミングを誤ると相手に背を向けてしまうのも面白い。

さらに6人まで同時にプレーできる。相手を押し合うこともでき、さらに味方(?)に敵機をぶつけることもできるなどファミコン時代を彷彿とさせる殺し合いも可能になっている。

全体のデザインも良く、完成度の高いシューティングゲームだ。ぜひ一度お試しを。


entrance50.png

ボス

 

Welcome to the Vacuum Magic website! - Vacuum Magic

 http://apocalypse.rulez.org/vacuum

SourceForge.net: Vacuum Magic

 http://sourceforge.net/projects/vacuum/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2