ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webサイトのスクリーンショットを撮るのは通常、OSに付属のキャプチャを利用する。だが1、2個ならまだしも数十個のスクリーンショットを撮る必要があるとキャプチャ機能だけでは面倒になる。


ピクチャ 9.png

スクリーンショットが簡単に

 

そこで専用アプリケーションの登場だ。これを使えば簡単にスクリーンショットが撮りためられる。

今回紹介するフリーウェアはWebsnapshot、Webサイトのスクリーンショットを撮るAIRアプリケーションだ。

Websnapshotはサムネイル、ブラウザ、フルページと三パターンのスクリーンショットを撮れる。それぞれ設定可能だが、サムネイルの場合は画面の一部(左上)、ブラウザは画面全体、フルページはスクロールも含めると言った分け方だ。


ピクチャ 7.png

設定画面

 

それぞれブラウジングサイズや縮小率を設定できる。サイトのURLを指定するか、ブラウザからドラッグアンドドロップするだけですぐに取得してくれる。さらに自動保存を付けておけばどんどん作成される。画像はPNG固定だ。

Windowsでのスクリーンショットはクリップボードに入るだけなので、Websnapshotは便利に使えるのではないだろうか。さらに画面の一部だけを決めたサイズ切り抜いてくれるスクリーンショットの撮り方はなかなか便利で、活用できる場面も多そうだ。

 

via WebSnapshot [ freshAIRapps.com ]

Websnapshot

 http://myspyder.net/tools/websnapshot/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2