ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

これまでiWebというのは使ってこなかった。あまり使い道もないだろうと思っていたのと、iWebは.Mac向け(いまはMobileMe)のサービスアプリケーションと感じていた。恐らくそう思われている方も多いことだろう。


ピクチャ 118.png

アップロード設定

 

だが、実際に使ってみるとiPhotoやiTunesなどApple製のアプリケーションとの親和性は高く、矢印などの記号やGoogleマップを簡単に埋め込めるなど、便利な機能が多いことが分かった。簡単なサイトであれば、iWebを使って手軽に立ち上げられる。そしてともに使うのはこれだ。

今回紹介するフリーウェアはiWebUploader、iWebで作成したデータを任意のサイトにアップロードするソフトウェアだ。

iWebUploaderはiWebで作成したデータをフォルダに公開でエクスポートし、その内容を任意のWebサイトにアップロードしてくれるソフトウェアだ。FTPの自動アップローダと言えそうだ。


ピクチャ 119.png

ステータス

 

複数のFTP設定ができ、iWebで作った色々なサイトに合わせて変更できるようになっている。ごく簡単にアップロードしてくれるので、iWebを使って格好いいページを作成したら、すぐにアップロードして皆に見せることができる。

iWebも使ってみるとなかなか便利で面白そうなことが分かった。複雑なサイトは難しいが、簡易的なプロジェクト用サイトであれば十分だろう。その時に役立ちそうなのがiWebUploaderだ。


ピクチャ 120.png

アップロードされたサイト

 

iWebUploader

 http://www.idevsoftwares.info/iDeV%20Softwares/iWebUploader.html

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2