ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GISレシーバーを持ってはじめて気付いたが、写真には位置情報を付けるのが面白い。旅行先の地域だけでなく、さらに一歩踏み込んで場所が特定できるのが便利だ。旅行やハイキング、ランニングなど様々な場面で役に立つ。


3dsearch3.png

地図を見ながら位置情報を適用する

 

写真に都度位置情報を埋め込んでも良いが、GISレコーダーを別途持っている場合は、これを使えばデジカメで撮った写真にリンクできる。

今回紹介するフリーウェアはGeoSetter for Windows、任意の写真に位置情報を埋め込むソフトウェアだ。

GeoSetter for Windowsは好きな写真(JPEGなど)のメタ情報を編集できるソフトウェアだ。特に位置情報にこだわっている訳ではなく、コンタクト情報や、カテゴリなど様々な情報が編集できる。


3dsearch5.png

バルーンも表示される

 

とは言え、位置情報の編集は容易だ。Googleマップを使った画面で、ポイントを立てたら、写真を選んで位置情報埋め込みを選ぶだけだ。そうすれば指定した位置情報が画像に適用されるので、保存すれば良い。

GPSデータを元にして、一括適用することもできるようなので、レコーダーをお持ちの方はこちらの機能が便利に使えるだろう。ただ撮った写真も位置情報とともに地図で見ればもっと面白くなるはずだ。


3dsearch4.png

メタ情報修正

 

GeoSetter for Windows

 http://www.geosetter.de/en/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2