ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ソフトウェアの紹介や、Webサイトの紹介などでスクリーンショットを撮る機会は多い。業務の中でもヘルプを作ったり、プレゼン資料の中でスクリーンショットを必要とするケースは多いはずだ。


entrance06.png

設定画面。シンプルながら最低限の設定はできる。

 

そのため、標準のスクリーンショット機能だけでなく、もっと便利な機能が欲しくなる。とは言えごちゃごちゃした機能は不要だ、これくらいライトなものが良い。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはLightscreen、Windows向けのスクリーンショット取得ソフトウェアだ。

Lightscreenはフルスクリーン、ウィンドウ、指定範囲についてスクリーンショットを撮り、指定ディレクトリ以下に自動保存できる。フォーマットはJPEG/PNG/BMPとなっている。JPEGの場合は品質、PNGの場合は最適化についても指定できる。


entrance11.png

メインウィンドウ。隠すこともできる。

 

他にも撮影時の遅延設定もでき、各スクリーンショット取得についてホットキーを設定することもできる。ごくシンプルな機能ではあるが、スクリーンショット取得について最低限の機能は満たしている。豪華なソフトウェアは数あるが、基本的機能だけの方が使い勝手が良い場合も多い。

範囲指定の場合は画面がグレーになり、マウスで指定している範囲が見やすくなる。さらに実験的ではあるがDirectXのスクリーンショットも行える。スクリーンショットを多数撮る必要がある方はぜひ使ってみて欲しい。


entrance17.png

範囲指定でのスクリーンショット取得

 

Lightscreen - Home Page

 http://lightscreen.sourceforge.net/

SourceForge.net: Lightscreen

 https://sourceforge.net/projects/lightscreen/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2