ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

最近はソフトウェアのデモやディストリビューションをライブCDで提供するケースが増えてきている。面倒なインストールの必要もなく、気に入ればそのままインストールができるなど便利な使い方ができる。


3dsearch32.png

メイン画面

 

以前であればVMWare Playerの設定を変更して試していたのだが、これからはMobaLiveCDを使おうと思い至った。LiveCDのISOファイルを指定するだけで簡単に起動することができる。

MobaLiveCDはオープンソースの仮想化ソフトウェアであるQEMUを使って作られている。LiveCDをQEMU上で起動して試すことができる。設定ファイルを書く必要もなく、仮想HDDを用意する必要もない。ただMobaLiveCDさえあれば普段使っているWindows上からすぐに仮想化されたシステムを起動できる。


3dsearch37.png

起動している様子

 

これであればCDを焼く必要もなく、どのようなものなのかを試せて便利だ。MobaLiveCD自身、インストールの必要はなく、ダウンロードしてすぐに使える。ISOファイルに対してMobaLiveCDを関連づけることもできる。

業務系のシステムなど大掛かりなものはインストールも複雑で、試そうと思ってもうまくいかずに諦めてしまうこともある。そんな時にLiveCDが用意されているととても便利だ。そしてMobaLiveCDを使えば手軽なLiveCDをもっと容易に試せるようになる。

 

MobaLiveCD - Run your LiveCD on Windows

 http://mobalivecd.mobatek.net/en/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2