ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

HTMLの編集ソフトウェアは、DreamweaverのようなWYSIWYGなものか、タグ入力を補助するタイプのものかに分かれる。前者の方が分かりやすいが、細かな設定やCSSベースで組み立てていく際にはタグ入力補助の方が便利な場合もある。


Picture 183.png

全体図

 

HTMLやCSS、JavaScriptを一手に作成できるのがこのソフトウェアだ。

今回紹介するフリーウェアはSEEdit Maxi、Mac OSX向けのHTMLエディタだ。

SEEdit Maxiはフォルダを指定することでそのフォルダ以下のHTML、CSS、JavaScriptファイルをSEEdit Maxi上で開いて編集できるようになる。フォルダをプロジェクト管理として利用するイメージだ。


Picture 181.png

ベースになるHTMLコード生成

 

HTMLは手打ちだが、HTMLのDTDを指定すると予め枠組みを作った状態で新規作成してくれる。タグは入力補助のウィンドウがあるので、ボタンを押せばタグを入力してくれる。CSSやJavaScriptは関数やプロパティの入力補完機能がある。

他にもFTPアップロード機能があり、指定したファイルを自動アップロードしてくれる。他にもなぜかJavaやPHPの簡単なコード入力機能もある。

ともするとDivタグとクラスだけで構成されてしまいそうだが、本来指定すべきタグを指定するようにすれば構造もすっきりと整って奇麗なHTML文書に仕上がる。そうしたタグを予め表示してくれるという点でもSEEdit Maxiは便利なソフトウェアだ。


Picture 180.png

設定画面

 

SEEdit Maxi

 http://seeditmaxi.cachefly.net/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2