ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

今日のWebサイトを構築する上でGoogleの存在を無視することはまずできない。そして新しいサイトを作った際などに効率的なクローリングを行ってもらえばサイトがスムーズにインデックス化されていく。


3dsearch103-tm.jpg

そのクロール作業の補助をするのがGoogleサイトマップと呼ばれるXMLだ。そしてSiteExplorer4GoogleはそんなGoogleサイトマップ作成を補助してくれるオープンソース・ソフトウェアだ。GPLライセンスの下、SourceForge.netにホスティングされている。

SiteExplorer4GoogleはJavaで作られたソフトウェアで、GUIの画面に従って設定をしていくだけでGoogleサイトマップを作成してくれる。生成された際のURLルートを指定する必要があるが、そのURLからデータを取得している訳ではない。あくまでもローカルディレクトリのファイル構成に従って生成される。


3dsearch104.png

結果のXMLファイル

 

そのため、動的にコンテンツを生成しているサイトでの利用は難しい。静的なHTMLファイルで構成されているサイトや、PDFなどの添付ファイルで構成されるサイトに限定される。インデックス化対象の拡張子やファイルのあるディレクトリを指定すると対象ファイルが一覧になるので、後はファイルとして保存すれば良い。

動的なサイトに対応できないのは残念ではあるが、ごく小規模なサイトやコーポレートサイトでは静的な場合も多いので使えるかも知れない。検索エンジンからの流入を増やすためにも使ってみよう。

 

SiteExplorer4Google Copyright(c) Azzam ALNIJRES, Kaesar ALNIJRES

 http://siteexplorer4go.sourceforge.net/

SourceForge.net: SiteExplorer4Google

 https://sourceforge.net/projects/siteexplorer4go/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2