ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

インターネット上に存在するメディアが増加し、情報もオンライン上に載せることが増え、ネットワークの帯域はどんどんと削られてしまっている。ネットワークが高速化していようとも、動画などの大容量のデータが流れ続ければ帯域がいくらあっても足らなくなるだろう。


Picture 433.png

ネットワーク帯域をセーブする

 

それは普段の高速化されたインターネットではなく、モデムしかない環境やPHSを使った接続などで実感するかもしれない。細い帯域をできるだけ有効活用してくれるのがこのソフトウェアだ。

今回紹介するフリーウェアはToonel.net、zlib圧縮を使った通信圧縮プロキシだ。

Toonel.netはプロキシとして動作するソフトウェアだ。Javaで作られており、Windows/Mac OSX/Linux/Solaris/Sonyエリクソン/Windows Mobileなどで動作する。起動したら、設定に従ってプロキシを指定すれば良い。


Picture 434.png

マッピング設定

 

例えばHTTPプロキシであればlocalhost:8080を設定すれば良い。他にもSMTP/POP3/IMAPについても設定ができる。そして設定したことによる恩恵はグラフと数値で見て取れる。ちょっと使った限りでは出力側で44%、入力側で24%の削減効果があった。

普段使っている光回線やADSLでは分からない、地道な努力がToonel.netにはある。Windows Mobileユーザなどは削減効果を実感しやすいかも知れない。

 

via Save Network Bandwidth [ gHacks ]

Toonel.net

 http://toonel.net/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2