ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

アプリケーションの設定ファイルなど、表示しておく必要のないフォルダやファイルはないだろうか。そうしたファイルをついつい開いてしまい、ストレスに感じてしまうことがある。


Picture 165.png

メインウィンドウ。フォルダやファイルが指定できる

 

不要なものは見えないのが一番、ファイルを見えなくしてくれるこのツールを使ってみよう。

今回紹介するフリーウェアはHoudini、ファイルをフォルダを不可視にするソフトウェアだ。

Houdiniはファイルやフォルダを選択すると、Finder上から見えないようにしてくれる。設定されたファイルはHoudini上からは通常のファイルやフォルダのように見え、移動や削除ができるようになる。


Picture 171.png

隠す際の確認ダイアログ

 

原理は簡単で、ファイル名やフォルダ名の前に「.(ドット)」を付けている。こうすると不可視ファイルとして設定されるので、Finder上では表示されなくなる。なお、ドットがついたファイルも表示するように設定していると、Houdiniで設定しても表示されるので注意しよう。

ドットファイルが表示されないというのは、開発者にとっては面倒に感じられるだろうが、一般ユーザにとっては分かりやすいのかも知れない。見たくないものや必要ではありつつも、操作の邪魔になってしまうファイルなどを隠すのに便利なツールとして使えそうだ。

 

via Houdini - deal with hidden files and folders on your Mac [ Download Squad ]

Houdini 2.1 - MacUpdate

 http://www.macupdate.com/info.php/id/26729


 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2