ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

最近メインブラウザをSafariに切り替えた。開発中についてはFirefoxのが便利だが、普段のブラウジングはSafariの軽快さが良い。だが幾つかの機能においてFirefoxの方が良い(というか手に馴染んだ)機能がある。その一つがWeb検索機能だ。


ピクチャ 35.png

検索結果を予め表示してくれる

 

SafariにもWeb検索機能はあるが、文字を入れるだけのシンプルなものだ。Firefox3ライクに候補が出てくるのかが良いと思う方はこちらを使おう。

今回紹介するフリーウェアはInquisitor、Safariにサジェスト機能を付けるソフトウェアだ。

実際にはSpotlightライクな検索機能ということになっている。検索文字を入れると、サジェストであったり、検索結果の数番目(デフォルトで3番目)までを表示してくれる。ここで期待していた結果が得られれば、クリックすればすぐにサイトに移動できる。


ピクチャ 34.png

検索語サジェストもある

 

検索エンジンはデフォルトでYahoo! Japan(日本語の場合)になっているが、Google USに切り替えることもできる。日本語の利用も問題はない。Inquisitor自体はYahoo! Inc.が買収した企業でYahoo!に向かせる設定がされているが、Google向けにも変更できるので問題はない。

Spotlightの検索は結果があれば出し、なければ表示しない分かりやすさにある。クリックも一つ減るので、操作も速くなる。検索サービスを追加することもできるので、自分なりのインターネット検索Spotlightとして活躍しそうだ。

 

Inquisitor. Spotlight for the web.

 http://www.inquisitorx.com/safari/index_jp.php

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2