ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iPhone/iPod Touchの優れている点として、iTunesを通じて自動的にバックアップが行われる点にあると思う。初期のバックアップは遅くていらいらしたが、最近は速度も申し分なく利用できる。バックアップは強制されないとどうしても忘れてしまうものだから、いざという時のために自動で行われるのはとても良い。


Picture 297.png

解凍したいバックアップを選択する

 

バックアップには様々なデータが入っている。水没や故障などで本体がなくなったとしても、写真などのデータは救済ができるのだ。

今回紹介するフリーウェアはJuicePhone、iPhone/iPod Touchのバックアップファイルを解凍するソフトウェアだ。

JuicePhoneはこれまでに行ったバックアップの一覧を表示し、指定したバックアップデータを解凍するソフトウェアだ。アプリケーション、アプリケーションの設定やライブラリ、ドキュメント、写真などもバックアップされている。


Picture 296.png

解凍完了時のダイアログ

 

恐らくメディア(音楽や動画、母艦から移した写真)以外はバックアップされているのだろう。本体に万が一のことがあっても、JuicePhoneを使えばバックアップからデータをピックアップできる。

AirSharingにおけるドキュメントデータもバックアップされているので、WebDAVを通じて保存したデータも掘り起こすことができる。母艦を紛失してしまったなどいざという時に役立つソフトウェアだ。

 

via JuicePhone [ dps ]

addPod

 http://blog.addpod.kilu.de/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2