ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

※ 画面の一部は公式サイトより

実際の開発を行っていく中で、リポジトリを参照することはそれほど多くない。きちんとバージョン管理さえされていれば、問題が起こった時にチェックできれば良い程度だ。そう考えるとコミットツールなどはローカルで動作させる必要があるが、ステータスやレポートはWebベースの方が良いのかも知れない。


Picture 114.png

インストール直後の画面

 

そんなこともあって、最近ではGitHubなどのオンラインリポジトリツールの人気が高い。そこに目をつけたソフトウェアがこれだ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはWarehouse、WebベースのSubversionブラウザだ。

Warehouseは元々商用のソフトウェアだ。そして最近、オープンソース化を決めた。複数のリポジトリに対応し、ユーザ単位のパーミッション設定も簡単にできる。他にもブックマーク機能を使って任意のフォルダを記録しておくことができる。


activity.png

アクティビティ

 

開発はRuby on Railsを使って行われており、皮肉なことにGitHub上で公開されている。インタフェースが非常にこなれており、使い勝手が良い。ソースコードはハイライト機能によってみやすく整形して表示される。

元々有償だったものだけに完成度も使い勝手も良い。画面上部から表示されるダイアログなど、ユニークな機能も数多い。Subversionを使ってバージョン管理を行っている企業は導入してみると良いだろう。


file.png

ファイル表示

 

Warehouse — Subversion Browser

 http://warehouseapp.com/

entp's warehouse at master — GitHub

 http://github.com/entp/warehouse/tree/master

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2