ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

オフィスではExcelやAccess、PowerPointに続いてWordも良く利用される。そして多数の人が利用するために共有にあるファイルがコピーされ、編集されてしまいベースは同じだったはずのドキュメントが多数存在する状態に陥る。


Picture 713.png

ビジュアル的なWord用マージツール

 

そのような時に行うのがマージになる。だがテキストエディタでは容易なマージ作業も、バイナリのWordドキュメントではそう簡単にはいかない。その解決策を提案してくれるのがTextFlowだ。

TextFlowはAIR製のフリーウェアで、複数のWordファイルを相互に比較してマージすることができるソフトウェアだ。

AIR製であるためにTextFlowはWindowsはもちろん、Mac OSXでも動作する。TextFlowへのユーザ登録が必須であり、確認メールに記載されたURLをクリック後、画面下にあるライセンスキーが表示されるので忘れずにメモしておこう。


Picture 714.png

データをScrapboardに移動したり表示しないようにもできる

 

まずベースになるWordファイルをドラッグアンドドロップで登録する。その後、改変が行われたWordファイルをドロップすると、差分が色分けされて表示される。複数のファイルをドロップすると、マージ内容が横に表示されていく。

後は適用する、しないといった指定を行っていけばまるでパズルのようにベースのファイルの中に埋め込まれていく。不要なものはScrapboardに移動しておいたり、隠したりすることもできる。

プログラマー向けのDiffとは異なり、かなりビジュアルにこった作りになっている。このインタフェースであれば、マージ作業も苦労せずできそうだ。終わった内容は改めてWordファイルとしてエクスポートでき、マージ作業中はセッションファイルを残しておくことができる。

日本語の取り扱いについてはまだ修正する余地がありそうだが、概ね問題はない。このマージ作業は新鮮で、Wordファイルのみならずテキストファイル版も欲しくなってしまった。

 

TextFlow

 http://www.textflow.com/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2