ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ワークフローを管理するアプリケーションは幾つかあるが、実際の利用度はどれくらいあるのだろうか。エンタープライズ向けとしては便利なのかもしれないが、エンジンの使い勝手の面や、定義ファイルがXMLベースで面倒などの理由で敬遠されていないだろうか。


Picture 768.png

ワークフローをビジュアル的に作成できる

 

そんな方に朗報だ。 escafeFlowEditorを使えば分かりやすい画面でワークフローが定義できる。

escafeFlowEditorはスターロジックが開発したXPDL(XML-based Process Definition Language)を作成するためのソフトウェアだ。Apache License 2.0の下に公開されているオープンソース・ソフトウェアだ。

escafeFlowEditorはAdobe AIRで作られているので、WindowsやMac OSXで動作させることができる。線とコンピュータ、人のアイコンを使って業務フローを定義していく。コンピュータが自動処理、人が手動処理を意味しているので分かりやすい。


Picture 765.png

プロセス編集画面

 

各プロセスや線に対してはOGNL(Object-Graph Navigation Language)を使って条件をつけることができる。分岐したり、繰り返したりするのも簡単だ。結果はXPDLで出力されるのだが、これはescafeFlow向けに最適化されており、escafeFlowが対応していない機能はescafeFlowEditorでは編集できない。

escafeFlowを使っている場合はもちろんお勧めだが、そうでなくとも自社の業務フローをまとめるのに便利に使えそうだ。その結果がescafeFlowを使ってシステムに組み込めるとなれば、使おうという気にもなるだろう。

 

via スターロジック、XPDLのGUIエディタ「escafeFlowEditor」をOSS公開 [ SourceForge.JP Magazine ]

escafeFlowEditor

 http://www.escafe.org/escafeFlowEditor/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2