ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

画像編集のソフトウェアも大事だが、他によく使われる類のソフトウェアとしてドローソフトウェアがある。画像編集のように一度決めてしまったら終わりではなく、ドラッグしたり大きさを変えたりしてイラストを描くことができる。こちらも利用が多いだろう。


Picture 883.png

使い勝手の良いドローソフトウェア

 

とは言え、優秀なドローソフトウェアというのはそれほど多くない。Mac OSX向けのソフトウェアをお探しならDrawBerryを使おう。

DrawBerryはオープンソースのドローソフトウェアで、Inkscape準拠というのが売りのソフトウェアだ。

DrawBerryはシンプルな画面構成で使い勝手が良い。起動するとドロー画面と複数のパレットが表示される。それぞれツールパレット、操作履歴、レイヤー、ページ情報、そしてオブジェクト情報だ。


Untitled.png

日本語も含めて画像出力できる

ページ情報ではキャンバスのサイズやグリッドサイズを変更できる。オブジェクト情報は線や矢印、塗りつぶし、影、テキストなどの情報を変更できる。殆どメニューに触れることなく描けるのが便利だ。

オブジェクトは四角や円、線、ベクター曲線、フォントなどが利用できる。オブジェクトの上に文字を配置できるので、ベクター曲線に沿った文字を描画することも可能だ。さらに各オブジェクトは自由に回転させることができる。オブジェクトの中に画像を入れ込むこともできる。

日本語を利用することもできる。文字を回転させることもできるので、イラストを描くのに便利そうだ。SVGや画像、PSDなどでのエクスポートが利用できるので再利用性も良い。ただしSVGの場合塗りつぶしや文字等の情報は出力されなかった。

動作は軽快で、できる機能は数多い。フリーで実用性の高いイラストアプリケーションをお探しの方はぜひトライを。

 

via DrawBerry [ thriftmac ]

DrawBerry in Launchpad

 https://launchpad.net/drawberry

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2