ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Mac OSXのアイコンはとても奇麗なものが多い。また、最近はWeb2.0の下にデザインの奇麗な透明感のあるものやポップなものが増えてきた。あのようなアイコンはどうひっくり返っても私からは出てこない代物だろう。


Picture 859.png

同じように画面のスクリーンショットを格好よく加工したり、角丸に加工したりといったことすらも私にとっては難しい。だがDrawItを使えばもしかしたらできるかも、と思わせてくれた。

DrawItは画像編集&ドローソフトウェアで、手軽でありながらも高度な画像加工を行えるソフトウェアだ。

DrawItはちょっと独特なインタフェースのソフトウェアだが、Mac OSXらしい作りになっている。素材として使えるのはシェイプ、画像、ベクターそしてテキストだ。それらはドローのように各オブジェクトが独立して配置でき、貼付けた後の移動もできる。


Picture 853.png

そして画像へのイフェクトが面白い。オブジェクトに対して、イフェクトをドロップしていくのだ。ぼかしやシャープ、枠線追加などをドロップしていく。それぞれのイフェクトもまた独立しており、不要なイフェクトについては非表示にしたり後から削除できる。途中のイフェクトを抜くこともできるのが面白い。

ベクターで作成した領域を配置して枠線を消したり、画像に影をつけたりすることがごく簡単にできる。何でもできる画像編集ソフトウェアという訳ではないが、操作がしやすくかつ面白い。

他にもExposéと同じ名称のオブジェクトを一覧する機能や、オブジェクトを移動すると表示される補助線などMac OSXらしさに溢れている。

画像編集の各種イフェクトをリアルタイムで色々操作しながらプレビューできると言ったら良いだろうか。DrawIt Liteはフリー版であり、有料版のPro版もある。まずはLite版を十分に使いこなして色々な画像を作成してみたいと思えてくる。


Picture 862.png

 

DrawIt » Home

 http://www.getdrawit.com/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2