ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Adobe AIRへの注目は2009年になっても恐らく変わる所はないだろう。色々テスト的に作られていたアプリケーションが、徐々に本格化してきており、既にWindows/Mac OSX/Linuxとマルチプラットフォームで動作する利点は大きいと予想される。


Picture 504.png

Adobe AIRによるドローアプリケーション

 

そのAdobe AIRを使って何ができるのか、それを知る上でも試してみたいのがe2vectorだ。

今回紹介するフリーウェアはe2vector、Adobe AIRで動作するベクターアートソフトウェアだ。

e2vectorでは自由な曲線、文字列、シェイプ、画像、ベクター曲線が利用できる。描いたオブジェクトは後から自由に移動させることはでき、文字以外のオブジェクトは角度を変えることが可能だ。また、フォントは予め設定されているものからのみ選択可能だ。


Picture 505.png

回転を使った例

 

画像はPNGなどが対応しており、貼付けた後で拡大縮尺を行うことができる。また、シェイプは透明度の設定ができるようになっている。できあがった図は独自の形式の他、SVG形式でのエクスポートができる(筆者環境では失敗してしまう)。

まだ簡単なドロー機能のみではあるが、Adobe AIRが本格化する中ではこのようなジャンルのアプリケーションは必須だろう。これまでのアプリケーションと違い、インタフェースの優れたソフトウェアがマルチプラットフォームで動作させられるのは魅力的だ。既存のアプリケーションをAdobe AIRに置き換える動きも高まりそうだ。

 

Daniel Freeman:e2vector

 http://www.e2easy.co.cc/e2vector.html

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2