ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Gitを使っている場合、ターミナルで使うのが当たり前になっていてGUIでデータを見たいとは思わなかった。だが、プロジェクトが進むにつれて経過をみたり、複数人でプッシュが混在してくると何を変更したのかといったデータを見たくなる。


Picture 1035.png

Gitリポジトリ専用ビューワー

 

もちろんターミナルからでも見られないことはないが、ビジュアル的な方が分かりやすいのは確かだ。そのような時はGitNubを使ってみよう。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはGitNub、Mac OSXらしいGitリポジトリブラウザだ。

GitNubはあくまでもリポジトリブラウザであって、リポジトリに対しての操作はできない。コマンドラインとGUIアプリケーションの組み合わせと言うちょっと奇妙なソフトウェアだ。アプリケーションはアプリケーションディレクトリにいれ、nubコマンドはパスの通った場所に配置する。


Picture 1036.png

差分も見やすく表示される

 

後は任意のGitリポジトリに移動してnubコマンドを実行する。するとGitNubが立ち上がって、ビジュアル的なリポジトリの閲覧を可能にしてくれる。コミッターの写真や、修正点、差分などが一覧で表示される。

グラフ化も行えるなど、ビューワーとして便利に利用できるだろう。Gitを使って開発している方は、ぜひ一度試していただきたい。

 

Home - gitnub - GitHub

 http://wiki.github.com/Caged/gitnub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2