ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

twitterのように時系列によらないゆるいつながりも良いが、オンラインで行うリアルタイムなコミュニケーションも面白い。最近のWebアプリケーションはコラボレーションが一つのキーワードになっており、その補助としてもリアルタイムコミュニケーションは重要な技術だ。


ピクチャ 52.png

ブラウザでチャット。バックエンドはRails。

 

Ajaxでもできないことはないが、より便利なのはFlashを使ったものになるだろう。作るのが難しそうと感じた方はdangoを見て欲しい。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはdango、Rails + Flashによるリアルタイムコミュニケーションフレームワークだ。

dangoは独自のサーバを実装し、簡単にFlashと通信できる。サンプルのチャットクライアントもあり、それを使えばWebブラウザ間で実際にチャットを行うことが可能だ。


ピクチャ 53.png

コマンドラインで基本ファイルを生成

 

サーバ側はRailsで作ることが出来るので、ColdFusionなどを覚える必要はない。慣れた言語を使って生産性が高いまま、コミュニケーション機能を実装できる。もちろん通信内容は文字列に限らず、オンラインゲームのようなものにも応用できる。

動画、リアルタイム、リッチインタフェース…Flashの可能性は無限とも言えるほど広大だ。ほんの少し勇気を出して踏み出せば、そこには段違いの可能性がみえている。大丈夫、バックエンドはRuby on Railsで行えば良い。

 

トップページ - dango

 http://dango-net.org/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2