ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

IMEはOSと一緒にインストールされるものであったり、ATOKのように別で購入するものが一般的だ。日本語全体として考えた場合は数年程度で大きな変化はないが、名詞などの単語は日々、刻々と変化している。


ピクチャ 39.png

このような単語も一発変換

 

歌手や映画の題名、漫画やアニメの主人公の名前などは登録されておらず、各自が自分の辞書を鍛えていく他なかった(または公開されている辞書を随時アップデートしていく)。だが、そのような状況に変化が起こり始めている。

今回紹介するフリーウェアはSocial IME Client for Mac OS X、変換内容を共有するSocial IMEのMac OSX版だ。

Social IMEは出た頃から使ってみたかったのだが、Windowsのみとあって手を出していなかった(利用時間が少ないので)。だがついにMac OSX版が登場した。これで※※なことえりから乗り換えられる可能性が見えてきた。


ピクチャ 30.png

設定画面

 

Social IME Client for Mac OS Xはインストール後、環境設定で指定すれば利用できる。変換効率はそこそこ高く、さらに固有名詞の変換が強い。最近の新しい単語であっても大抵変換できる。

ことえりと違う部分で気になるのはShift+スペースキーで全角スペースが入力されること、日本語入力中にSafariでコマンド+Option+Fキーを押しても検索窓にフォーカスが移動しないことがある。

それ以外は特に気にならないくらいだ。レスポンスもよく、おかしな変換結果に悩まされることもない。今後の予定として予測変換モードのサポートや、辞書登録機能も追加されていくとのこと、これは今後に期待がかかる。まさにソーシャルを活用した便利なIMEといえそうだ。

 

via みんなで育てる日本語入力 Social IMEにMac版がリリース「Social IME Client for Mac OS X」 [ DesignWorks ]

Social IM(beta) - Mac OS X 用 Social IME クライアント

 http://www7b.biglobe.ne.jp/~lifeaether/SocialIM/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2