ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

最近、対外的に文書をやり取りする際にGoogleドキュメントを利用することが多くなっている。とは言え、常にオンラインで書くことはなくテキストエディタで書いて、文章を貼付けて画像を埋め込んで仕上げる…といった手間をかけている。


3dsearch27.png

MS OfficeにGoogleドキュメント連携機能を追加する

 

恐らくGoogleドキュメントで一から書いているという人はそれほど多くないのではないだろうか。特に表計算などはそうだろう。使い勝手の改善などを含めて有望なのがOffiSyncだ。

今回紹介するフリーウェアはOffiSync、MS OfficeからシームレスにGoogleドキュメントを利用するソフトウェアだ。

OffiSyncはOffice 2003/2007に対応したソフトウェアで、インストールするとツールバー(またはリボンメニュー)に専用のメニューを表示する。WordやExcelそしてPowerPoint(※ 未確認)からOpenを押せば、それぞれのファイルフォーマットにあたるGoogleドキュメント上の文書が一覧表示される。


3dsearch29.png

Word向け

 

そこから開ければファイルがローカルにダウンロードされてMS Officeで開くことができる。文書を修正して保存すれば自動的にオンライン上のファイルもアップデートされる。なお、Googleドキュメント上での修正を自動感知することはできないようだ。OffiSyncからコラボレーションを設定することもできる。

現在はまだβ版であり、幾つかの不具合も残っている(グラフが再現されないなど)。だが日本語は利用できるし、画像も表示される。このOffiSyncの手法はMS OfficeとGoogleドキュメントをつなぐ、最も良い方法ではないだろうか。

 

OffiSync - Enabling Collaboration

 http://offisync.com/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2