ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GoogleでWeb検索した時に、ちょっとしたスペルミスや単語の間違いは「もしかして」機能によって吸収してくれる。これまでに検索された単語からもしかしてこの単語のことですか、といった具合に提示してくれるのだ。


ピクチャ 33.png

打ち間違えた時に補完してくれる

 

それに似た機能(英語限定だが)をFirefoxに追加するのがSmartFindだ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはSmartFind、検索の揺らぎを吸収するFirefoxアドオンだ。

英語は読みと綴りが異なるので、筆者もよく間違える。なぜかその単語が見つからず、検索した内容を見るとちょっとしたミスがあったりする。これは意外とストレスになるだろう。そんないらいらを解消してくれるのがSmartFindだ。


ピクチャ 32.png

レベルの設定も可能

 

SmartFindをインストールするとページ内検索(Ctrl+Fまたはコマンド+F)で表示される検索バーにSimilarというチェックボックスが追加される。これを選ぶと入力ミスとおぼしき場合に「検索単語はありません。エンターを押すと似た単語を検索します」と出る。

ここでエンターを押せば単語が補完されて検索が行われる。Similar機能のレベルは調整可能で、LowからHighまで選べる。自分のレベルにあったものを選ぶといいだろう。

インターネット上で検索するのが当たり前になっている現在、入力のミスというのはストレスに繋がる。SmartFindを使ってスマートに解決しよう。

 

smartfind - Google Code

 http://code.google.com/p/smartfind/

Smart Find :: Firefox Add-ons

 https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/8497

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2