ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Mac OSXではデジカメを接続した際にiPhotoが立ち上がるように設定できる。だがiPhoneなどはカメラがあってデジカメとも認識できるが、毎回認識されるとiTunesとiPhotoが立ち上がって邪魔になる。


ピクチャ 13.png

デジカメごとに処理を選択できる

 

とは言え設定できるのはデジカメの場合、と大きな括りでしか無理だった。そこでCamerasを使ってみよう。

今回紹介するフリーウェアはCameras、接続したデバイスによって処理を分けられるソフトウェアだ。

Camerasはシステム環境設定パネルとしてインストールされるソフトウェアで、接続したデジカメの種類に応じて処理を指定することができる。例えばiPhoneの場合は何もせず、デジカメによってはiPhotoを立ち上げるといった具合だ。


ピクチャ 12.png

はじめて接続した機器ごとに設定を行う

 

プライベートな写真はiPhotoで、共有したい写真はPicasaでと管理を分けている場合は、都度問い合わせるように指定することもできる。デジカメやムービーを複数台所有している方にはぴったりなソフトウェアだ。

一つの作業をするからといって、同じソフトウェアで常に管理するとは限らない。必要に応じてソフトウェアを切り替えている人は多い。デジカメを接続するたびに感じていたストレスがCamerasを使えば一気に解消することだろう。

 

Flexibits | Cameras

 http://www.flexibits.com/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2