ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

既存のWebサービスと連携する場合は別だが、Facebook専用のアプリケーションを作って公開する際、サーバを立てるというのは面倒に感じてしまう。簡単なウィジェットだけに、本家でホスティングさえして欲しいくらいだ。


ピクチャ 31.png

FacebookアプリケーションをGAE上で動かす

 

ブログパーツやOpenSocialなど、今後ミニアプリケーションを簡単に作って公開したいというニーズは増えていくはずだ。そこで使えるのがGoogle App Engine(GAE)だ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはThe Slap、GAE上で作られたFacebookアプリケーションだ。

The Slapは友人に対してSlap(罰?)を送ることができるFacebookアプリケーションだ。筆者環境では友人リストが出てこず、メッセージを送ることができていない(targetの取得法が分からない…)。アプリケーション画面では、既にSlapを送った人たちのリストアップもされている。


ピクチャ 30.png

アプリケーション情報

 

メッセージを送る云々というよりも、The Slapの面白さはFacebook用のミニアプリケーションをGAE上で構築した点にある。GAEのPythonを使い、Facebookアプリケーションを開発すれば、自分でサーバを用意する必要もなく稼働が可能だ。OpenSocialでもそれは同じように考えられるだろう。

大型のアプリケーションでは難しいかもしれないが、単機能の小さなWebアプリケーションであればGAEは最適な動作環境になる。特にウィジェットはそうだろう。OpenSocialやブログパーツ開発の際にはぜひGAEを活用してみよう。

 

theslap-engine - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/theslap-engine/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2