ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

積ん読は徐々に解消されつつあるが、それでもまだまだ読んでいない本が多い。片っ端から読んでいくというのも良いが、まずは何を持っているのかを管理する方が良いのかもしれない。そんな時に役立つのは蔵書管理のアプリケーションで、最近ではWebブラウザベースで動作するものが多い。


ピクチャ 53.png

この雰囲気、とても良い

 

公開型のサービスもあるが、自分独自で使えるものが良いという方はBookqueueを使ってみよう。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはBookqueue、Ruby on Rails製の蔵書管理アプリケーションだ。


Bookqueueは蔵書に関する情報を登録し、読書中か次に読む本か、または読み終わった本なのかを登録できる。イラストが個人的にとても好きなテイストで、ソファーに座って読むという雰囲気がいい。本は好きな写真を登録できるようになっている。


ピクチャ 56.png

ステータスを更新するインタフェース

 

設定ファイルでTwitterのID/パスワードを登録する項目があるので、蔵書の登録やステータスの変更をTwitter上にも飛ばすようになっているかも知れない。惜しむらくは蔵書の登録が全て手作業になっていることで、Amazon Webサービスから取得できるようになっていれば最高だろう(そこは自分で作れば良いのだろうが)。

インタフェースは落ち着いた色合いで、とても見やすくて良い。自分の蔵書を管理したり、その読み具合を一覧したりするのにとても役立つソフトウェアだ。

 caffo's bookqueue at master - GitHub

 http://github.com/caffo/bookqueue/tree/master

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2