ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Flashのインタフェースはマルチプラットフォームで共通であり、Mac OSXのUIとはまた違う良さがある。そんなFlashのUIを使ってデスクトップで動作するアプリケーションを構築しようと思うとAdobe AIRがよく知られている。だがAdobe AIRを別途用意しなければならないのが面倒だ。


ピクチャ 11.png

アプリケーションのビルドは簡単

 

Flashで作られたソフトウェアをまるでネイティブアプリケーションのようにダウンロードするだけで動くようにするのがHippoHXだ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはHippoHX、SWFファイルをネイティブアプリケーション化するソフトウェアだ。


HippoHXはWindowsまたはMac OSX向けに提供されるソフトウェアだ。SWFファイルを指定し、設定をするだけでWindowsとMac OSXどちらでも動作するネイティブアプリケーションを生成する。インタフェースはSWFのままなので、HippoHXがラッピングしている仕組みだ。Windowsであれば配布の際には同じディレクトリにあるDLL群が必要になる。


ピクチャ 14.png

ファイルシステムにアクセスするサンプル

 

SWFがベースではあるが、デスクトップアプリケーションとして必要な要素を兼ね備えている。例えばシステム環境変数へのアクセスやクリップボードの操作(Mac OSXでは動かなかった)、ファイルやフォルダの作成、更新、削除などだ。Windowsであればレジストリにもアクセスできる。

その他Webカムにアクセスするデモなど、多数に用意されている。Mac OSXとの兼ね合いかもしれないが、日本語切り替えがうまくいかなかった。SWFを使ってデスクトップアプリケーションを開発する、Adobe AIRとはまた違う魅力的なソフトウェアだ。

 

HippoHX - Home

 http://hippohx.com/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2