ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

コンピュータを使ったプレゼンが増えている。その際、プレゼンテーション部分は良いとして、デモなどを実際の画面を使って行うと説明されている部分がどこか分かりづらいといった問題がある。マウスポインタを動かしたりするのだが、それでも遠目だと分かりづらく、ポインタが邪魔に感じてしまう。


スクリーンショット(2009-08-31 6.55.12).png

線を引いて説明を加える

 

そこでマウスポインタをもっと目立たせることを考えよう。そうすればプレゼンテーションのレベルが一段階上がるはずだ。

今回紹介するフリーウェアはOmniDazzle、マウスポインタにイフェクトを与えるソフトウェアだ。


OmniDazzleは多数のイフェクトが予め登録されており、それを選ぶだけでマウスポインタの軌道にイフェクトをつけてくれる。実行はキーボードやマウスボタンによるショートカットキーが指定できる。例えばPixie Dustというイフェクトを指定すると、マウスの後に星のような煌めきが追加される。


スクリーンショット(2009-08-31 6.53.48).png

一部を囲んで明るくする

 

実用的なものとしては、マウスの周囲を赤印で囲むもの、一部をチューブのような形状で囲むもの、マウスの周囲だけを明るくするもの、フォーカスしているオブジェクトの周囲を明るくするもの、画面上に線を引いて説明を加えるものなどがある。

他にもソナーやズーム、波紋を加えるイフェクトなどがある。プレゼンテーションのデモや、アプリケーションの説明動画などで使うと説明箇所が明確になり、より分かりやすいプレゼンテーションが可能になるはずだ。

設定は細かく行えるので、自分の気に入った状態になるまで色々調整してみよう。


スクリーンショット(2009-08-31 6.51.58).png

フォーカスしている部分だけ明るくする

 

via OmniDazzle [ dps ]

The Omni Group - OmniDazzle

 http://www.omnigroup.com/applications/omnidazzle/


 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2