ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

個人的にとても便利なソフトウェア。マウスではなくタッチパッドが好きな筆者は、デスクトップPCでもタッチパッド付きの外付けキーボードを使っている。Windows向けには各種出ているのだが、Mac OSX向けでは海外製しか存在しない。


ピクチャ 68.png

そのためMac OSXでもWindows用外付けキーボードを使っているのだが、入力切り替えがコマンド+スペースになり、ちょっと面倒くさい。そこで使っているのがPCKeyboardHackだ。

今回紹介するフリーウェアははPCKeyboardHack、Windowsキーボードのリマップ用ユーティリティだ。ソースコードは公開されているがライセンスは明記されていなかったのでご注意いただきたい。

PCKeyboardHackはMac OSXのキーボードドライバにパッチを当てることで、無変換、変換、ひらがなキーをMac OSXでも使えるようにするソフトウェアだ。半角/全角キーは使えないのでご注意いただきたい。

インストール後、システム環境設定で設定を行う。キーに対して新しいキーコードをマッピングすることで利用ができるようになる。例えば変換キーを「かな」キーに割り当てたり、無変換を英数キーに割り当てることで、Mac OSXのキーマップに近づけることができる。

キーボードやマウスの入力のしやすさは生産性に大きく関わる。より自分の手になじむように設定を工夫すれば、より素早く入力が可能になるはずだ。

 

PCKeyboardHack

 http://www.pqrs.org/tekezo/macosx/keyremap4macbook/extra.html.ja

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2