ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

MURLSはWindows向けのオープンソース・ソフトウェア。ここ数ヶ月の間に乱立したサービスが短縮URLサービスだ。Twitterをはじめとするマイクロブログサービスが多数出てきたのに関連しているだろうが、それにしてもあまりに数が多過ぎる。それぞれ多少の打ち出し方の違いがあるが、基本はURLをクリックすると別なURLに飛ぶと言ったものだ。


3dsearch12.png

短縮URLを一気に生成

 

TinyURLが注目を集めたが、基本が11文字と意外と長い。一番短いものであれば4文字になるからだ。そのような多数の短縮URLサービスに対応したURL生成ソフトウェアがMURLSだ。MURLSを使えばなんと28種類の短縮URLを生成してくれる。


ここまで数多く生成して利用するのかと言えば、実際の所使うことはないだろう。だがそのアルゴリズムを比較するとなかなか面白い。あまりに短い文字過ぎて、本当に大丈夫なのかと思ってしまうものもあるくらいだ。URLは一覧になって表示され、ダブルクリックするとクリップボードにコピーされる。


3dsearch11.png

設定画面

 

一番短いドメインはu.nu、j.mp、z.peなどの4文字ドメインで、一番長いのはtinyurl.comの11文字だ。設定画面で生成するサービスを決めることができるので、よく使うものだけにしておけば生成も素早く行われるようになる。なおデフォルトでは全てのサービスが有効になっている。

短縮URLサービスは乱立しているので、どう差別化し、どうビジネス化するかは興味がある。そんな乱立具合を知るのにもぴったりなソフトウェア(?)と言えそうだ。

 

murls - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/murls/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2