ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Mac OSX10.6(Snow Leopard)がついに発売された。目立った新機能追加はないが、システムがより洗練され、最適化されている。そんな中、注目を集めているのが64bitカーネルへの対応だろう。サーバパーティーの製品が少なく、マシンの製造販売まで一手に行っているAppleだからこそスムーズに切り替えが進んでいると言えるだろう。


スクリーンショット(2009-08-31 9.43.24).png

Snow Leopardの魅力を体験する

 

そんな64bitカーネルではあるが、デフォルトではオフになっている対応機種もある。切り替えはターミナルからでもできるが、失敗すると怖いと躊躇してしまう人もいるだろう。そのような方はSixtyFourSwitcherを使おう。

今回紹介するフリーウェアはSixtyFourSwitcher、Mac OSX10.6の起動カーネルスイッチだ。ソースコードは公開されているがライセンスは明記されていないのでご注意いただきたい。


SixtyFourSwitcherは初期設定パネルとしてインストールされるソフトウェアで、起動すると32bitまたは64bitのどちらで起動するか選択できるようになる。もちろんマシンが自体が対応している必要があるので注意が必要だ。対応していない場合は、その旨表示される。


スクリーンショット(2009-08-31 9.43.35).png

対応していないモデルではこのように…

 

32bitを使う限りは従来のシステムとの互換性は高いので問題が起こることは少ないだろう。64bitの場合は高速性(どれくらい高速かは分からないが)、古いカーネル拡張を読み込まない、メモリを32bit版よりも消費すると言った特徴があるようだ。

設定を変更したら後は再起動すれば起動カーネルが切り替わる。万一不具合があったら32bit版に戻せば良いだろう。10.6をインストールし、64bitに対応している方は一度試してみるといいだろう。

 

via SixtyFourSwitcher [ dps ]

SafariCookieCutter

 http://seiryu.home.comcast.net/~seiryu/sixtyfourswitcher.html

nickzman's sixtyfourswitcher at master - GitHub

 http://github.com/nickzman/sixtyfourswitcher/tree/master

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2