ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iPhone Cropping CameraはiPhone向けのオープンソース・ソフトウェア。iPhoneを使ってモブログやマイクロブログに写真を投稿しているという人は多い。そんな時、食べているものや飲み物、机の上のガジェットを撮影するということは多いだろう。しかしiPhoneのカメラはあまり高性能でないので、余計な場所まで撮れてしまって撮影し直しなんてことも多い。


IMG_0526.PNG

指先で保存範囲を指定できる

 

そのような失敗をなくせるのがiPhone Cropping Cameraだ。iPhone Cropping Cameraは撮影した直後にピンチイン・アウトで一部を拡大、縮小して写真を切り抜いて保存できるのだ。これならばあまり深くこだわらずに写真を撮って、その後加工すれば良いという気持ちになるはずだ。


さらに写真にGPS情報を埋め込んだり、グレースケールに転換することもできる。これらの機能について、iPhone SDKで提供される公式APIでないものを使っているとのことで、場合によってはリジェクトの対象になる可能性があるのでご注意いただきたいとのこと。また現時点でOS 3.0、3.1での動作は確認されているが将来的に動かなくなる可能性もある。


IMG_0528.PNG

設定画面

 

公式APIでないためか、iPhotoに接続した時にサムネイルが表示されないという不具合があるという。だが、モブログを楽しむ人にとってはとても便利なアプリケーションだろう。ダウンロードはApp Storeにて無料で可能なので、一度お試しいただきたい。

 

App Store

 http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=330994754&mt=8

ktakayama's iPhone-CroppingCamera at master - GitHub

 http://github.com/ktakayama/iPhone-CroppingCamera

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2