ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

LiveQuartzはMac OSX向けのフリーウェア。昔はグラフィックス、DTPをするならMac OSXしかないと言われていた。だが今ではPhotoshopもIllustratorも大抵のソフトウェアはWindows向けにも提供されている。だが、それでもグラフィックスの性能はMac OSXの方が高いと思ってしまう(懐古主義かも知れないが)。


ピクチャ 327.png

独特なボタン配置だが使い勝手は良い

 

そんなMac OSXのグラフィックス性能を存分に活かした画像編集ソフトウェアがLiveQuartzだ。LiveQuartzはレイヤーとフィルターを組み合わせて自在に画像を編集できる。画像の一部を編集することはできないようで、ちょっと独特な使い勝手になっている。


レイヤーを使って複数の画像を重ねたり、文字を書いたりするのはもちろんのこと、ぼかしや画像の歪めるようなイフェクトがフィルターとして登録できるのが特徴だ。フィルターは多重に行うことが出来、いつでもチェックを外すだけで解除することが出来る。


ピクチャ 328.png

レイヤーとフィルターを使って画像を編集する

 

さらにイフェクトによっては変化するポイントを自在に動かすことが出来る。マウスを動かすだけで画像がダイナミックに変化していくのはとても面白い。さらにMacBook AIRなどの複数指を使ったピンチ操作にも対応しているとのこと。特定範囲だけに絞り込んで編集できれば良いがその機能はなさそうだ。とはいえそのシンプルさがMac OSXらしくて良いのかも知れない。

RhapSoft - LiveQuartz

 http://www.rhapsoft.com/?menu=livequartz_readme&lng=en

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2