ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

WSJSはJava/JavaScript製のフリーウェア(ソースコードは公開されている。ライセンスは独自)。今時のWebアプリケーションではJavaScriptが多用されるようになっている。JavaScriptを一切触れずにWebサービス、Webアプリケーションを構築するのは難しいとすら感じられるはずだ。そうなるとサーバサイドおよびクライアントサイドで言語を二つ習得する必要が出てくる。


ピクチャ 172.png

デモアプリケーション

 

それを一つに統合できる可能性があるとすればGWTのようにJavaScriptを生成するフレームワークを使うか、逆にサーバサイドでJavaScriptを使うかだ。WSJSはサーバサイドJavaScriptを使うためのフレームワークを開発している。


MVCを厳密に定義し、HTMLの描画はクライアントサイドで行える。またモデルはクライアントからサーバ側のJavaScriptを呼び出せるようになっている。この仕組みは面白い。コントローラはJavaScript上でyieldを使用できるようになっている。


ピクチャ 170.png

管理画面

 

デモアプリケーションとして映画の感想投稿アプリケーションが作られている。画面遷移はなく、まさにWebアプリケーションの良さが感じられる。動作はTomcatまたはJetty上で可能だ。使い方を覚えるにはコンテンツの種類(rpjs/jscp/exjs/ssjs/link)をはじめ、色々なことを覚える必要がある。

習得までに時間がかかるかも知れないが、今後の開発次第ではEclipseと連携したり、導入もスムーズになるかも知れない。今後に期待したいフレームワークだ。

 

WSJS home page

 http://www.ab.auone-net.jp/~kotemaru/wsjs/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2