ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Google 日本語入力はWindows/Mac OSX向けのフリーウェア。ここ数日様々な話題を呼んでいるのがこのGoogle 日本語入力だ。一般的なIMEとして機能はもちろんのこと、ネット上にある膨大なテキストデータを元に作られた予測変換辞書は、使い手を驚かせるくらいの変換をやってのける。


ピクチャ 141.png

強力な予測変換がうり

 

インストールは簡単で、ダウンロードから使い始めるまで数分で完了する。後はいつも使っているIMEと大差ない操作だ。入力途中で予測が表示されるが、最近話題になっている用語や人名ももれなくカバーされている。予測変換は携帯電話では一般的になっているが、それをさらに強力にしたようなソフトウェアだ。


利用データの一部(?)はGoogleに送られるようになっているので、気になる方は設定の使用統計情報と障害レポートを無効にすればいいだろう。また学習機能もあるので現時点でも優秀なIMEだがさらに自分の色に染められるはずだ。対応がWindowsのみならずMac OSXも含まれるのが特にいい。シークレットモードを有効にするとユーザの入力パターンから学習した単語や文字列が変換候補に出てこなくなる。


ピクチャ 142.png

設定画面

 

ちなみに筆者環境ではCarbon Emacsで変換予測が表示されないために移行はしていない。有償でも素晴らしいIME(ATOKなど)もあるが、そのシェアを大きく奪うことになりかねないほど、Google 日本語入力は強力なソフトウェアだ。

# 2009年11月05日。シークレットモードに関する内容を修正

執筆時のバージョン

 β

 

Google 日本語入力 - ダウンロード

 http://www.google.com/intl/ja/ime/index-mac.html

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2