ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

官兵衛はGAE/J用のオープンソース・ソフトウェア。ソフトウェアやWebサイトを作った際にちょっとしたCMSが必要になることは多い。開発しているサイトに組み込むというのも良いが、システム的に切り離せるなら分けておく方がメリットが大きい。


スクリーンショット(2010-01-12 9.37.05).png

Flex製の管理画面

 

ユーザ向け、管理者側の画面が分かれていて簡単に使えるCMSが必要ならば官兵衛を使ってみよう。Google App Engine(GAE)を使っている場合はもちろん、そうでない場合もCMSだけ切り離した運用が可能になるだろう。

官兵衛は管理画面で全てのコンテンツを作成し、それをユーザ画面に反映する。管理画面はFlexで開発されておりサイト/ページ/テンプレート/リスト/テキスト/ファイルといった設定項目が並んでいる。テキストやリストをテンプレートに当てはめつつ、ページを作成する仕組みだ。


スクリーンショット(2010-01-12 9.37.38).png

管理画面

 

Flexを使っているので操作が独特で面白い。ユーザ向けはHTMLを出力するようになっている。GAE用のフレームワークSlim3を用いて開発されている。単独での利用はもちろん、Google Appsと組み合わせた利用も想定されているとのこと。確かに企業内のちょっとした情報共有に役立ちそうだ。

執筆時のバージョン

 3.0.0 PreviewRelease

 

kanbe - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/kanbe/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2