ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

TrayCDはWindows用のオープンソース・ソフトウェア。CDやDVDをドライブに入れる際には本体にあるボタンを押すのが一般的だ。またはエクスプローラのコンテクストメニューから選択する必要がある。どちらもちょっと手間のかかる作業だ。


3dsearch1.png

タスクトレイに常駐する

 

そこでもっとシンプルに解決してくれるソフトウェアがTrayCDだ。TrayCDはタスクトレイに常駐し、そこからトレイのオープンまたはクローズを操作できるようにする。これならばエクスプローラを立ち上げる必要もなく、容易に操作できるだろう。

複数のドライブに対応しており、DVDからDVDへのコピーを行っている人に便利そうだ。自動操作を有効または無効にする機能もある。スピンアイコンを選ぶとタスクトレイのアイコンが回転をはじめる。筆者の手元にミドルクリックできるマウスがないので試していないが、タスクトレイのアイコンをミドルクリックすると二つ目のドライの開閉を操作できるらしい。

ちょっとした小さなユーティリティではあるが、便利だ。USBドライブなどはタスクトレイから取り外しができるのだから、CD/DVDドライブの開閉くらいタスクトレイで標準実装してもいいのではないだろうか。TrayCDには使うとそんな気になってしまう便利さがある。

執筆時のバージョン

 1.1

 

traycd - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/traycd/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2